芍薬とブーケと幸せな結婚

こんにちは~!今日も暑いですね。もうすぐ6月ですもんね~
6月と言えば《ジューンブライド》!友人の結婚式があるのでとっても楽しみなわたし。6月の花嫁さんにおすすめなのは、やっぱり芍薬です♡

最近お花屋さんでも急激に見かけるようになった芍薬。5~6月の今がちょうど開花時期で、まるまるっとしたつぼみから大輪へと、それはもうダイナミックに変化していきます!

咲き方は「一重咲き」「八重咲き」「翁咲き」などの種類があり、ピンク、白、赤や珍しい黄色と花色も豊富です。
芍薬という名前は、しなやかで優しい様子を意味する「綽約(しゃくやく)」に由来するそう。また、その美しい姿からフランスでは「聖母のバラ」、スペインやイタリアでは「山のバラ」と例えられています。

花言葉は「内気」「生まれながらの質素」など。
色ごとにも付けられていて、ピンクが「はにかみ」。赤が「誠実」。白が「幸せな結婚」です。ウェディングにぴったりすぎるーっ!

 真っ白い芍薬とピンクの芍薬だけでまとめたザ・芍薬ブーケも可愛いですし、【バラ】や【ユリ】といったこれまたウェディング定番のお花とあわせてもゴージャス!

もちろんブーケにしなくても、ウェディングじゃなくてもOK。
お家に1輪飾るとその“圧倒的主役感”で場を華やかにしてくれる芍薬。つぼみが花開くまで、じっくり楽しんでくださいね✧˖°

それでは今日はこの辺で。
本日のブログもホリがお送りいたしました!

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°