CATEGORY Blog-こくう

花を触ると元気になる?!

花がある暮らしの中で、豊かな時間とこころを取り戻してみませんか。と伝えに来ました。 「こくう」です。   私の母はアラ80になりますが、毎日花や庭木を触っています。 ですから無意識に「園芸療法」をしているような…

こころに響く物語に

「連休はワイハで過ごしました」と、一度は言ってみたい。「こくう」です。 大型連休も過ぎ去り、また日常の生活が戻って半月が経とうとしています。 {あ~あ次の連休は盆休みか~}とため息まじりになってませんか? なが~い休みの…

色は生きてる?

大学時代はデザイン学科なのに、バンド(ギター)に没頭していた変な奴。 「こくう」です。 「好きな色は?」と問われることは、 「好きな花はなんですか?」と聞かれることみたいに、 すぐには答えらずに困ります。 自分が身に着け…

あいつが居てくれたから

落語が好きで「七度狐」のテープをづっと聴いていたら、 丸おぼえしてしまった「こくう」です。 今はSNSのおかげで友達作りが簡単になりました。 普通は耳に心地よい言葉を言ってくれる友達の方が多いですよね。 だって気が合うか…

5月はとくべつな光につつまれている

休日に2時間のジョギングをしてバリバリの筋肉痛になり、 今日は安息日と決め込んだ「こくう」です。 走りながら「5月の緑」は、特別ほんとうに綺麗だよな~と思いました。 なんで? なぜですか?〃 調べてみました。… 実は5月…

万華鏡

フランスでは「日本のバラ」と呼ばれるアジサイの花言葉は「移り気」「シチヘンゲ」です。 咲き始めからしだいに色づいてくることから「変わる」という意味の花言葉がつけられました。 たしかに鉢物を買って花後に露地植えにすると、翌…

Magnolia(辛夷と木蓮)

辛夷 しっかりと握られたまま生まれた赤ん坊の手が、日が経つにつれだんだん開いてくる様子から「辛夷」(こぶし)という名がついたと語る人もいます。 東北のある村では「辛夷」が咲くと、田打ちや種まきをする時期が到来したと判断し…

穀雨の頃の空

空にたなびく鯉のぼり。 子供たちの強い成長と繁栄を祈って親たちが上げる鯉のぼりが、青味の強くなった春の空にゆれなびきます。そんな光景を町のあちらこちらに見ているうちに、 「鯉のぼりって、仲良く円満な家族なんだな」とぼんや…

あでやかに桜

はじめまして「こくう」といいます。 今日は桜のおはなしを一席。 染井吉野(ソメイヨシノ)はクローンだという話は有名です、はい??「そんなん知らんがな」とおっしゃる方に説明しますね。 ソメイヨシノは、自然界で増える力を持っ…